・肥料に関する最新情報・ものしり知識等、様々な情報をお届けします。
・Vol.1 小祝政明氏の著書『有機栽培の基礎と実際』が刊行
2005.7.1
 有機肥料の販売、有機農法のコンサルティングの(株)ジャパンバイオファームを経営する小祝政明氏の著書『有機栽培の基礎と実際―肥効のメカニズムと施肥設計』が発売されました。小祝氏は、有機農法における科学的統計的アプローチのパイオニアであり、当社の有機肥料の理論面でのアドバイザーです。
堆肥でつくるとなぜおいしいのか?
本当に、堆肥や有機質肥料だけでは収量は上がらないのか?
そもそも堆肥や有機質肥料が効くとはどういうことか?

 正面切って論じられてこなかった「有機栽培の科学」にせまり、たんなる経験やカンではなく、データでつくりこなすための道筋を明らかにする。簡易な土壌養分検定のやり方やデータの読み方、各作物別の施肥設計、実際の堆肥づくり、アミノ酸肥料づくりのポイントなど、良食味と多収を実現する実践的なノウハウも満載。
有機栽培のしくみがまるごとわかる一冊。
(農山漁村文化協会出版)
(小祝氏 略歴)
1959年、茨城県生まれ。大学の外国語学部と、さらに農業関係の大学で学んで現場に。その後オーストラリアで有機農業の研究所に勤務して、帰国。現在は、有機肥料の販売、コンサルティングの(株)ジャパンバイオファーム(長野県伊那市)代表を務めながら、経験やカンに頼るだけでなく客観的なデータを駆使した有機農業の実際を指導している。
 □あとがきにおいて、高砂飼料工業(株)の常務である稗田正昭が、ご紹介頂いています。
 □(株)ジャパンバイオファームのホームページ(http://www.japanbiofarm.com